モデルルームがないタイプが、最も早く完売に。

株式会社コスモスイニシア様

株式会社コスモスイニシア 岡端知子 様


1タイプしかないモデルルーム。南向きの部屋を案内する際のコミュニケーションツールとして適しているなと思って導入しました。インタフェースも直感的でわかりやすく、部屋の内部の様子を的確に伝えることができるため、いままで図面を見ながら時間をかけて説明していた物件の情報を、短時間でより正確に伝えることができるようになりました。

1タイプしかないモデルルーム。南向きの部屋を案内する際のコミュニケーションツールとして適していると思い導入しました。

ROOV導入のきっかけは、モデルルームが東向きの部屋の1タイプのみで、南向きの棟を案内するのに、お客さまにわかりやすく説明できるといいなと思ったことからです。また、キャリアが浅い営業スタッフの物件理解を深めるツールになることも期待していました。
物件のイメージを伝えるために、内部のパースを作成したり住戸模型を作成したりしたことはあったのですが、完全に機能しているとは言えない状況で、新しい接客ツールであるROOVを導入することにも最初は半信半疑でした。しかし価格もリーズナブルで、デベロッパー側の準備物が非常にシンプルだったこともあり、まずはトライしてみようということで導入を決定しました。

目新しさだけではなく使いやすさが担保されており、お客さまと会話をスムーズに進めるツールとしてとても便利に使っています。

インタフェースが直感的でわかりやすく、部屋の内部の様子を的確に伝えることができるため、いままで図面を見ながら時間をかけて説明していた物件の情報を、短時間でより正確に伝えることができるようになりました。
今まで新しいツール利用に抵抗のあった、ベテランの営業マンも積極的に活用できており、特にカラースキームのカスタマイズ機能はお客さまがそこに住むイメージを育む上で、大きな手助けになったと感じています。
VRツールと聞くと、画質の面を非常に心配していたのですが、カラーや素材のサンプルを断片的に見せるよりも、遥かに仕上がりのイメージがつかみやすく、お客さまと営業スタッフの満足度向上につながったと思います。

再訪率の向上にダイレクトに寄与したほか、誤解を防ぐツールとして大活躍。ご契約後からご入居までの満足度向上にも繋がりました。

接客品質の向上については、現場の声にある通りなのですが、住戸による仕様の違いをROOVで発見することができ、早期にお客さまに訂正できたことは思いもしない効果でした。同じ間取りタイプでも梁の出方が異なるタイプがあり、ROOVの室内ウォークスルー機能で発見、間違いのないコミュニケーションができました。また、モデルルームがないタイプの住戸も、そのタイプの強みを営業スタッフが事前に理解することで、最も早く完売するタイプになりました。
ROOVの強みを最も発揮できたと思うのは、お客さまの再訪フェーズです。営業経験が少ない若手のスタッフも、次回にROOVでの内覧をお伝えすることでお客さまに楽しみに再訪していただくことができ、モデルルームがないタイプの弱みをカバーすることができました。簡単に使えるので抵抗なく現場に受け入れられたのは、管理者として教育コストが低くありがたいツールだなと感じました。今後のプロジェクトでも積極的に導入していきたいと感じています。

share on SNS

お問い合わせはこちら

必須お名前

必須会社名
必須メールアドレス
必須電話番号
- -
必須お問い合わせ内容

個人情報の取り扱いはこちら