12月18日建設2030サミットに間所代表取締役が登壇

12月18日建設2030サミットに間所代表取締役が登壇

12月18日に開催される「建設2030サミット」に、間所代表取締役が登壇します。

詳細はこちら→ https://jshokunin.org/_summit/

建設2030サミットは、2020年を迎える年末(12月18日)に改めて建設業の歴史に触れ、これから訪れる2030年の世界観を描く建設業界最大級のビジネスカンファレンスです。
建設産業だけはでなく、他産業の有識者たちの意見や考えを知ることで、経営視点での視野を大きく広げることができます。

間所の登壇時間 : 15:30-16:25 SESSION『住まいとリフォームはテクノロジーでどう変わるのか』

【モデレーター】
福田義紀(リフォーム産業新聞 編集長)

【パネラー】
安達功(日経BP 日経BP総合研究所長)、高重正彦(ルームクリップ 代表取締役社長)、
川崎総一郎(GA technologies 執行役員)、間所暁彦(スタイルポート 代表取締役社長)

・新築重視からリノベーションへ、消費者志向の変化

・VRやAIと建設業との親和性

・人間とテクノロジーは協調できるのか

建設2030サミット概要
日程 12月18日(水)
時間 9:30(開場)10:00(開演)~18:30(閉会)
会場 渋谷ヒカリエホール9F
住所 東京都渋谷区渋谷 2-21-1 ヒカリエ9F
参加費 一般:10,000円 界関係者:無料

share on SNS

お問い合わせはこちら

必須お名前

必須会社名
必須メールアドレス
必須電話番号
- -
必須お問い合わせ内容

個人情報の取り扱いはこちら